夫の浮気調査 探偵事務所

夫の浮気

法的機関に頼るしかない

依頼する、しない、どっちが正解?何円くらいの費用かかるのかな?調査はだいたい何日間?せっかく不倫調査の依頼をしたとしても、はっきりしなかったらどうなってしまうの?それぞれ迷いがあるのは自然なことなんです。

不信感がなくなるように、「夫や妻が不倫・浮気中なのかそうじゃないのかについてはっきりさせたい」こんな心境の方々が不倫調査を申込んでいるというわけです。だけど不安感が解消不可能な結果になることも相当あるのです。

調査の際の調査料金は、依頼する探偵社によって高額なものから安価なものまでいろいろあるのです。それでも、料金だけの基準では優秀な探偵なのか違うのかということについては不明です。あちこち聞いてみるのも非常に大切ではないでしょうか。

夫婦だけではなく、子供がいる家庭の場合、仮に離婚して親権に関しては夫が獲得したいのであれば、現在まで母親、つまり妻が「浮気や不倫が原因となって子供の面倒を見ないでほったらかしにしている」などについての状況がわかるハッキリとした証拠が必須です。

浮気の相手に慰謝料を求めるのであれば必須となっている条件を満たしていないとなれば、相手からの慰謝料がほんのわずかな額になるケースや、もっと言えば配偶者の浮気相手に対して請求そのものができないという場合だって発生しているのです。



裁判所等、法的機関の場合、客観的な証拠や第三者から得

られた証言や情報が十分な状態でないと、浮気があったとは認めません。離婚調停・離婚裁判は予想外に難しく、適当な事情や状況を示すことができなければ、認めてもらうことができないのです。

仮に配偶者がした不倫を見つけて、「何があっても離婚する」と決断しても、「配偶者の顔も見たくない。」「会話するもの嫌だ。」ということで、話し合うことなく自分だけの判断で離婚届を出すなんて言うのは絶対にいけません。

当事者による浮気調査の場合、調査に使うお金の減額ができるでしょうけれど、肝心の調査が低レベルであるため、はっきり言って感付かれてしまうなんて不安が大きくなります。

私たちでは難しい、優秀な有利な証拠だって入手することができるわけですから、何が何でも成功したいのなら、探偵とか興信所等に浮気調査を任せる方がいいのではないでしょうか。

素行調査というのは、ターゲットの言動などをある程度の期間見張って、普段の行いや言動といった点を事細かに調査することが目当てで行われる調査です。たくさんの事実をさらけ出すことになります。