夫の浮気調査 探偵事務所

夫の浮気

調停・裁判の進め方

3年経過済みの浮気があったという証拠を探し出すことに成功しても、離婚や婚約破棄についての調停を申込んだり裁判をするときには、効力がある証拠としては認めてくれません。最近のものじゃなければ認められません。決して忘れちゃいけません。

客観的に見て間違いのない証拠の収集には、苦労も多いし、時間を必要とし、夫が仕事の合間に自分で妻が浮気しているところを確かめるというのは、失敗するケースが相当あるのが現状です。



離婚届が受理されてから定められた3年間を経過すると、特別な事情がない限り慰謝料の支払いを要求できません。万一、離婚後3年が迫っているという方は、ぜひ大急ぎで法律のプロである弁護士をお訪ねください。

元のパートナーから不意に慰謝料を払えと迫られたとか、セクシュアルハラスメントの悩み、それ以外にも多種多様なトラブルや悩みごとがあるようです。あなた一人で悩むのはもうやめて、弁護士事務所を訪問してみてください。

今の状態を相談して、経費に合わせた一番おススメのプランの策定依頼だって引き受けてくれるんです。技術も料金も心置きなく調査をお願いでき、どんなことがあっても浮気の証拠を掴み取ってくれる探偵事務所を選ぶべきです。