ミュゼの脚脱毛の痛苦に関して

ミュゼで採用している脱毛方法はSSC方法といって、非常に表皮に優しい脱毛方法だ。そのため、レーザー脱毛などに見比べたら苦痛を捉えにくいのですが、断然痛さに関する考えは千差万別ですし、髪の毛の生え手法もその違いが表れるというのが、正直な所感だ。

ミュゼで脚を脱毛した場合、苦痛を感じやすいのは脚の髪の毛が厚く、くどいそれぞれだ。脱毛マシンから才能受ける光線は黒いものに反応するので、分厚くてねちっこい髪の毛には力強い手答えを表し、一気に痛さを感じることも多いだ。

また、表皮が黒いそれぞれも要注意です。夏場は特に普段は色白のそれぞれも日焼けで表皮の色調が黒くなりがちになりますので、ミュゼで脱毛時内側は表皮を焼かないは鉄則です。

ただ、辛いといっても苦痛で外見が歪むほどではなく、輪ゴムでパチンとはじかれるような直感が一瞬始めるだけです。1回眼、2回眼の処理で痛くても、脱毛回数を重ねて行くため、髪の毛の容積が静まり、苦痛もだんだん薄れていきますので、必要以上に惑いがらなくも大丈夫です。