金融機関からの融資

よく聞くコトバ、ロイズと言えばシティ(ロンドンの金融街)の世界中に知られた保険市場ですが、法律の取り扱いによって法人とされた、ブローカーやシンジケートを会員としている保険組合を指す場合もあります。

銀行を意味するバンク(bank)という単語はあまり知られていないけれど机やベンチを意味するbancoというイタリア語に由来している。ヨーロッパで最も歴史のある銀行は?⇒15世紀初頭に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行であるという。

昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに基づき、保険の取り扱いを行う会社は生命保険会社か損害保険会社に分かれることになり、どちらの会社も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者しか経営してはいけないのです。

重い言葉「銀行の運営がどうなるかは信用によって大成功する、もしくはそこに融資する値打ちがあるとは言えないと見立てられたことで失敗する、二つに一つだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)

【解説】ペイオフの意味は防ぎきれなかった金融機関の破綻などに伴い、預金保険法に基づき保護されることとされている預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度である。

携帯でお金を借りるならどこ?@お金を借りる時に注意すること

2013-01-11

TO TOP